看護師の年収は?

国内の看護師の年収は平均して437万円くらいです。
しかし、国立、私立、県立などの公立病院に勤務する看護師は、公務員とされているため、年収は平均すると593万円ほどになります。
公務員看護師は給与の上昇率も民間の病院に比べて高く、福利厚生もしっかりしています。
准看護師のケースは、看護師と比べて年収が約70万円ほど低いです。
世の中看護師への求人は多くありますが、希望する条件に合った求人が見つかるという保証はありません。
看護師の資格を手に入れている方でとにかく就職さえできれば良いと思っている方は少ないでしょう。
できれば給料が高く職場の環境も良く、夜勤のない職場で仕事がしたいと考えておられる方が多いものです。
望んでいるところに転職するには、情報収集こそが重要になってきます。
単に看護師とっても、現場で意欲的に職務をこなしたいのか、介護がらみの職につきたいのか、それとも、専門知識を駆使できる事務的な職務につきたいのか、たくさんあるでしょう。
もしくは、大きな病院で勤務したいのか、小さな個人病院に就労したいのか、勤務地の人数や働く時間に望みがあるのかも肝心です。
看護師って医療職で手堅い仕事な印象ですが、けっこうしんどい仕事の割には給与はたいしたことはないです。
婦長クラスにまでいったらともかく、その他の多くは大変な割にはいまひとつって感じの額なのです。
賃金の低さに嫌気がさし退職してしまう看護師もレアケースではありません。
看護師免許を取るには、何通りかのコースがあります。
看護師免許を手にするためには、国家試験を受験しなければならないのですが、突然、試験を受けることは認められていません。
試験を受けるためには看護専門学校(3年間)、看護系の短大(3年間)、看護系の大学のいずれかに通い、看護を学ぶことが必要だというわけです。